e-FP探し

*お金の悩みを解決するファイナンシャルプランナーを探せるサイト

FP Q&A

*保険 *住宅 *生活設計 *教育資金
*年金 *贈与 *金融資産運用設計 *不動産有効活用
*相続・事業承継設計 *タックスプラン *その他

タックスプラン

FP Q&Aお客様からe-FP探しについてよくある質問をまとめました。ぜひご活用ください。
このページで解決できない場合は当社までお問い合わせください。ご回答いたします。



* * *
* *問い合わせ内容によりお答えしかねる場合もあります。また、問い合わせと回答はホームページの充実を目的に本ページに掲載する場合もあります。あらかじめご了承ください。→お問い合せページ *
* * *


*

質問

今ある住宅を処分した場合どれくらい税金がかかりますか?

回答

土地や建物など不動産を売って儲けが生じた場合は、その儲けの金額(譲渡所得金額)だけで税金の計算をします。マイホームを売って儲けが出たときには、その儲けから最大で3,000万円を差し引くことができる特例があり、この特例を使った場合、税金が課せられることはあまりありません。仮に、3,000万円を超える儲けが出た場合は、売った年の1月1日で、住宅の所有期間が5年を超える場合は20%、5年以下の場合には39%の税率で計算した税金を納めることになります。


上に戻る

質問

パート収入いくらまでなら、配偶者の控除を受けられるのですか?

回答

妻のパート収入金額が年間103万円以下の場合、配偶者控除として夫の所得から38万円を差し引くことができ、その分夫の税金は安くなります。妻のパート収入が103万円を超えても141万円未満であれば配偶者特別控除を適用することができます。この場合、夫の所得金額が1,000万円以下であることが必要で。妻のパート収入が141万円以上になると、夫は何の控除も受けることはできません。


上に戻る

質問

サイドビジネスをやっています。確定申告をする必要がありますか?

回答

サラリーマンなどの給与所得者の場合、給与所得と退職所得以外の所得の合計額が1年間に20万円を超えると確定申告の義務を負います。サイドビジネスの売上から必要経費を差し引いた後の金額が20万円を超えれば確定申告が必要です。逆に、20万円以下であれば申告不要を選択することができます。


上に戻る




*トップに戻る